エンタメ
PR

Aimer「遥か」の歌詞や題名の意味などからかい上手な高木さんの主題歌を考察!

オハナ
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

Aimer「遥か」の歌詞や題名の意味などからかい上手な高木さんの主題歌を考察しました!

5月31日(金)全国公開の映画「からかい上手の高木さん」の主題歌にAimerさんの「遥か」が選ばれました。

映画「からかい上手の高木さん」は永野芽郁さんと高橋文哉さん初共演の映画で、原作漫画はシリーズ累計発行部数1,200万部の大人気コミック!

この実写映画は 10年ぶりに再会した二人の止まっていた時間と、止まっていた「からかい」の日々が再び動き出すというストーリーです。

この作品の実写映画化にあたり、Aimerさんが「遥か」を書き下ろしたそうです。

今回はAimer「遥か」の歌詞や題名の意味などからかい上手な高木さんの主題歌を考察しました!

Aimer「遥か」

主題歌「遥か」

今回、映画に書下ろしをしてくれた楽曲のタイトルは「遥か」です。

このタイトルや歌詞にはどんな意味が込められているのでしょう?

Aimerさんについて紹介します。

Aimerとは?

Aimerさんは歌手であり作詞家です。

Aimer=エメ、と読みます。

このAimerというのは、ご自身の長年のニックネームである「エメ」が由来で、フランス語で「愛する」とか「好む」という意味があるそうです。

詳しいプロフィールなどは非公開になっていますが、そのミステリアスな部分も魅力になっているようです。

「振幅ゆらぎと周波数ゆらぎが同時に発生している、非常に稀な声の持ち主」と評されるその歌声は、聞く人を魅了してやみません。

「遥か」その題名や歌詞に込められた意味に興味深々です。

「遥か」の歌詞や題名の意味は?

この「遥か」の歌詞はまだ公開されていません。

歌詞が公開され次第また考察していきたいと思います。

今わかるのは「遥か」というタイトルですが、このタイトルには10年ぶりの再会という二人の関係の象徴なのかな、と思います。

10年をアッというまではなく、「遥か」な時間に感じる離れていた年月に感じるのでしょう。

すでに予告編ではAimerさんの「遥か」が一部流れています。

全曲が聞けるのが楽しみです。

「遥か」の作詞作曲は?

作詞はaimerrhythmさんとなっています。

このaimerrhythmは、Aimerさんが作詞をするときに使う名前です。

作曲者はまだ公開されていませんので、わかり次第こちら更新していきます。

まとめ

「遥か」主題歌まとめ

Aimer「遥か」の歌詞や題名の意味などからかい上手な高木さんの主題歌を考察!

5月31日(金)全国公開予定の「からかい上手の高木さん」の実写映画の主題歌にAimer「遥か」が使われています。

この「からかい上手の高木さん」は10年ぶりの再会の主人公二人の甘く切ない初恋物語です。

「遥か」というタイトルやその歌詞に込められた意味というのがとってもきになりますね。

歌詞が公開され次第、また更新していきたいと思います。

今回はAimer「遥か」の歌詞や題名の意味などからかい上手な高木さんの主題歌を考察でした!

>>>>映画「からかい上手の高木さん」のキャスト相関図はこちら

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
スポンサーリンク
ABOUT ME
オハナ
オハナ
子育てカウンセラー            医療系転職コンサルタント
普段は犬と2人暮らしの在宅ワーカーです。趣味は旅行することと健康と美容に関すること。海外旅行も好きだけど最近は日本の良さ再発見して国内旅行にはまっています。
記事URLをコピーしました