エンタメ
PR

新しい学校のリーダーズの何がすごいのか良さがわからない!なぜ人気なのかを調査!

オハナ
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

新しい学校のリーダーズの何がすごいのか良さがわからない!なぜ人気なのかを調査してみました!

新しい学校のリーダーズの人気がすごくてびっくりですが、世間では「良さがわからない」「なぜ人気になってるの?」とか「何がすごいの?」などという声も聞こえてきます。

今回は新しい学校のリーダーズの人気の理由など調査してみることにしました。

新しい学校のリーダーズって何?わからない!という人も、あの首を横に動かすダンスで、セーラー服姿の4人組ですよ!と言ったら「あ~、あの人たちね!」とわかってもらえると思います。

名前の「新しい学校のリーダーズ」って固有名詞とは思いにくいですよね!

このグループ名についても「新しい」とついている割にはレトロなセーラー服が衣装であったり、なんだかアンバランスなところが見ている人に不協和音を聞いているような気分にさせるのかもしれませんね。

ちょっと見た感じは違和感を覚えるダンスや曲調、でも癖になるという人もいるようです。

今回は、新しい学校のリーダーズの何がすごいのか良さがわからない!という人のために、なぜ人気なのかを調査しました。

これを読んだらあなたも「新しい学校のリーダーズ」中毒に陥るかもしれませんね!

新しい学校のリーダーズは何がすごい?

新しい学校のリーダーズのすごいところ

新しい学校のリーダーズは、結成した時は最年長のMIZYUが16歳の高校2年生、他3人は13歳の中学2年生だったというから驚きです。

そして、4人ともキッズダンサーやダンススクールを出身ということなので、この年齢なのにクオリティが高いのです!

新しい学校のリーダーズのすごさの秘密!

何と言っても新しい学校のリーダーズは、ダイナミックで個性的なパフォーマンスが魅力でしょう!

インパクト抜群なダンスは、模範的なスタイルとは全く違って、自由で個性的。

ショート動画の配信サイトTikTokと相性がよかったのか、国内外で人気を博しています。

若い人だけかと思っていたら、おそらく一番有名な曲「オトナブルー」は、昭和を彷彿とさせるレトロな曲調なので、昭和世代の人も聞いてしまうようで、幅広い年齢層からの人気があるのです。

2023年の上半期TikTokのトレンド大賞で、新しい学校のリーダーズの「オトナブルー」が大賞を受賞しました。

「オトナブルー」はサビの箇所で首を左右に動かす「#首振りダンス」が話題ですよね。

TikTokでのこの「オトナブルー」を使用した動画の総再生回数はなんと31億回だそうで、もうよくわからない数字に驚くばかりです。

新しい学校のリーダーズの良さがわからない?

新しい学校のリーダーズ

新しい学校のリーダーズは、TikTokの「踊ってみた動画」でブレイクし、海外の音楽フェスでも注目されるほどの人気を誇っています。

世界中の注目を集めているのですが、彼女たちのスタイルやパフォーマンスに対して「嫌い」「苦手」という声も増えているのは事実です。

「新しい学校のリーダーズ」とは一体何者なの?というところから見ていきたいと思います。

新しい学校のリーダーズとはなに?

新しい学校のリーダーズは、2015年に結成されたダンス&ボーカルユニットです。

メンバーはSUZUKA、MIZYU、KANON、RINの4人で、それぞれが歌やダンスの経験を持ち、他アーティストの振付を担当するなど実力派の集まり

あの振り付けはメンバー自ら考案のものだそうです。

グループのコンセプトは「模範的なヤツばかりが評価されるこの時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく」というもので、ダンスはもちろん、自己紹介の時や、それ以外のパフォーマンスが奇抜?であることはこのコンセプトを貫き通しているからでしょう。

SNSで代表作「オトナブルー」がバズッたことから、海外での人気も高まり、海外では、「ATARASHII GAKKO!」名義で活動しているという国際的なスターでもあります。

新しい学校のリーダーズが苦手!

一時期、SNSでは新しい学校のリーダーズに対する批判的な意見が一定数あって、その理由は様々でした。

新しい学校のリーダーズが苦手な原因その1

考えられる原因の一つは、彼女たちそのものが好みに合わないことから起こる苦手意識です。

彼女たちのパフォーマンスが「下品で気持ち悪い」という人や、特にセーラー服でのポーズや顔芸が受け入れられないという人もいました。

また、「痛い・恥ずかしい」という意見もあり、彼女たちの自己紹介やパフォーマンスが一部には受け入れられてなかったようです。

他にも「嫌い・苦手」という直接的な批判も見られ、グループ名やメンバーの表情が生理的に受け付けられないという声もありました。

でも、こういった批判的な意見は、彼女たちの個性的なスタイルが原因で、どうしても好き嫌いが分かれてしまうのが原因なのかな、と思います。

新しい学校のリーダーズの苦手な理由その2

また、別の苦手な原因として、彼女たちが自らの思想で結成されたものではなく、作られたものだ!と思って嫌っている人もいました。

その作られたものではないか?という理由が、彼女たちの衣装は、「セーラー服&腕章」で、屋外でも上履きをはいています。

これは「個性と自由を大切にしながら青春を楽しむ日本代表」といった由来からの衣装になっているようです。

この、コンセプトが、実は業界の人が考えたものでは?と言われているのです。

なぜかというと、爆発的に有名になった「オトナブルー」もちょっと昭和レトロっぽい歌詞ですし、あのセーラー服自体も古い制服のイメージで、ちょっと作られた青春という感じがするのかもしれません。

学校の新しいリーダーズは業界に作られたもの疑惑!

動画がバズってくるものも、広告業界が作ったものである場合も多いので、もしかしたら、彼女たちも結局はそういった業界に作られたものかもしれませんね。

新しい学校のリーダーズはなぜ人気?

新しい学校のリーダーズの人気の理由

新しい学校のリーダーズは、そのユニークなダンススタイルで注目を集めています。

前述にもあるように、あのダンスは、メンバー自らが考案したもので、大胆でとっても個性的。

特に、足を大きく広げたり、下ネタを連想させるジェスチャーを取り入れるなど、観る者に強い印象を与えていて、ここに賛否両論があるのですが、あのパフォーマンスは、一般的なアイドルグループとは一線を画し、新しい学校のリーダーズ独自の魅力になっているのでしょうね!

新しい学校のリーダーズどのくらいなぜ人気?

新しい学校のリーダーズは、TikTokの「踊ってみた動画」でブレイクし、THE FIRST TAKEへの出演などを通じても知名度を高めているようです。

新しい学校のリーダーズは2023年の上半期TikTokのトレンド大賞を受賞しました!

2023年の上半期TikTokのトレンド大賞を受賞した「オトナブルー」は特に人気で、若い世代だけでなく中高年からも人気です。

もちろん、今でもあのスタイルやパフォーマンスに対する意見は分かれていて、一部では「嫌い」「苦手」という声もあります。

それでも、あの個性的なアプローチは、日本のアイドル文化に新しい風を吹き込んでおり、多くのファンに愛されています。

ちょっと敬遠したくなるような「新しい学校のリーダーズ」ですが、何度か見ていると中毒性が高くなるような気がしないでもないです。

あまり好きじゃない!って思っても、2.3回見てみたら、気持ちの変化が起こるかもしれません。

一時期、批判的な意見が多かったSNSでも、最近では応援する声の方が多くなってきたような感じです。

まとめ

学校のリーダーズまとめ

今回は、「新しい学校のリーダーズ」の良さがわからない!という声を受けて、批判的な意見だけでなく、新しい学校のリーダーズのすごいところなどを調査してみました。

「新しい学校のリーダーズ」は、そのユニークなダンススタイルと個性的なパフォーマンスで今とても注目を集めているグループで、年末はレコード大賞にも出演が決まっています。

彼女たちの振り付けは大胆で、今までのアイドルグループとは一線を画し全く違うタイプです。

それゆえに、受け入れ難いと思われていた時期も長かったようですが、今ではどちらかというと、好意的に見ている人たちの方が増えてきたような気がします。

特に「オトナブルー」のような曲は幅広い年齢層から支持を得ています。

今、「新しい学校のリーダーズ」は日本のアイドル文化に新しい風を吹き込んで、若者たちに自己表現の大切さを伝えているようです。

今回は、新しい学校のリーダーズの何がすごいのか良さがわからない!という人にむけてなぜ人気なのかを調査しました!

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
スポンサーリンク
ABOUT ME
オハナ
オハナ
子育てカウンセラー            医療系転職コンサルタント
普段は犬と2人暮らしの在宅ワーカーです。趣味は旅行することと健康と美容に関すること。海外旅行も好きだけど最近は日本の良さ再発見して国内旅行にはまっています。
記事URLをコピーしました