エンタメ
PR

ブルーモーメント漫画あらすじをネタバレ紹介!山Pと出口夏希の実写版!

オハナ
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

ブルーモーメント漫画あらすじをネタバレ紹介!山Pと出口夏希の実写版を紹介します!

出口夏希さんと山下智久さんが主演の連続ドラマが4月から始まります!

出口夏希さんにとってはゴールデンタイムの連ドラでの初ヒロイン♪

出口夏希さんは雑誌「SEVENTEEN」での専属モデルをやっていたという経歴の方なので、若い年代の人には超有名人!

そして山下智久さんは山Pと呼ばれてアイドルデビューから今はもう、実力派俳優としてたくさんの作品に出演していますね!

そんな二人が主演を務める「ブルーモーメント」は原作に「BLUE MOMENT」という漫画があります。

「BLUE MOMENT」にはいろいろな登場人物が描かれていますが、今回のドラマでの登場人物が誰になるのかを調査してみました。

今回は、ブルーモーメント漫画あらすじをネタバレ紹介!山Pと出口夏希の実写版を紹介します!

>>>ブルーモーメント実写版のキャスト相関図で紹介

ブルーモーメントの漫画あらすじ

ブルーモーメントの登場人物は?

ブルーモーメント実写版のあらすじや設定を紹介していきます!

ネタバレもあるので、知りたくないという人は読まないでくださいね!

「BLUE MOMENT」のあらすじは

漫画「BLUE MOMENT」は、派遣先をクビになった雲田彩(くもた あや)が、新たに選んだ職場は気象庁の気象研究所という設定!

その気象研究所で、イケメン研究官『雲王子』こと晴原柑九朗(はるはら かんくろう)に出会います。

その晴原柑九朗は、気象研究だけではなく、自然災害から人命を守るために活動する特別災害対策本部(通称SDM本部)の一員としても活動をしています。

集中豪雨や河川氾濫、台風など、命を守るためにできることを瞬時に判断することが必要です。

人々が「ブルーモーメント」を見ることができるように、命がけで奔走する主人公、晴原柑九朗とその助手雲田彩の気象災害に立ち向かうドラマです。

出口夏希さん演じる雲田彩は、それまでに何度も転職を繰り返しています。

語学堪能で、ペラペラの英語で相手をやり込めたりするものですから、派遣先を辞めざるを得ない状況になってしますのです。

転職経験多数の雲田彩が、SDM本部の一員として頑張るのですが、なぜか気象に関してはど素人の彼女が今回は頑張って続けるのです。

彼女も晴原柑九郎と同じく、毎朝普通に迎える朝は奇跡なんだ!ということを知っている人で、きっと晴原柑九郎の仕事の意義に共感したのではないかと思います。

ブルーモーメントの主役の二人

イケメン研究官『雲王子』こと晴原柑九朗通称ハルカン!

仕事はできるが、一言多く、派遣先をクビになってしまった雲田彩通称くもちゃん!

物語はこの二人が気象庁の気象研究所で出会うことで展開していきます。

今回は山Pこと山下智久さんがこのイケメン研究官の晴原柑九郎を、出口夏希さんが雲田彩を演じることになります。

物語は二人が出会うところで始まりますが、ストーリーを追っていくと、どんどん過去の話が出てくるのです。

山Pが演じる晴原柑九郎もこの仕事をしている深い理由があります。

そのほかの登場人物

漫画の中では今の二人に関わっている人たちとして

  • 気象庁の気象研究所の室長
  • ハルカンの親友でテレビ局のプロデューサー藤村四季
  • 雲ちゃんの友人でハルカンの事を教えてくれる人
  • 精神科医 白波陸
  • 陸の幼馴染で妻でもある光(ひかり)

こういった感じの人物がいます。

そして今は亡き二人の人物がいます。

  • 灯(あかり)という女性。ハルカンの妻
  • 虹太(こうた)ハルカンと灯の一人息子

この二人はキーパーソンなので回想シーンとかで出てくると思われます。

コミックスは現在2巻まで発刊していて、3巻は2024年4月に発売予定です。

これまでに、ファンの間では映像化を期待する声が大きかったと聞きます。

新しいジャンルのドラマ、注目度がとっても高いですね!

ブルーモーメントの原作

ブルーモーメントは漫画なのか?意味は?

「ブルーモーメント」の原作はKADOKAWAの『COMIC BRIDGE』で現在も連載中の「BLUE MOMENT」が原作になります。

漫画「BLUE MOMENT」とは?

「BLUE MOMENT」は漫画家でありイラストレーターの小沢かな氏原作の、気象庁気象研究所が舞台となるヒューマンドラマで、今、日本中が気になる気象災害に立ち向かうというドラマ。

今、日本中が気になる内容とはいえ、気象庁が舞台になる漫画って珍しくないですか?

原作者の小沢かな氏は青い空が大好きで、自家用操縦士(上級滑空機)の資格も取った方。

それゆえに、空に関する作品を多く手がけています。

今回の「BLUE MOMENT」は荒木健太郎氏という、雲研究者であり、気象庁気象研究所研究官を監修者になってて、本格的な気象関係のお話になります!

「BLUE MOMENT」の意味は?

原作の「BLUE MOMENT」、そしてドラマのタイトルの「ブルーモーメント」というのは、日の出前と日の入り後のほんのわずかな隙にある、町全体が濃い青色に染まる時間のこと。

気象庁の人にとってはブルーモーメントを見ることができるということは、何事もなく、無事に毎日を送れているという事。

ささやかだけれど、何よりも大切なことですよね。

まとめ

今回は、ブルーモーメント漫画あらすじをネタバレ紹介!山Pと出口夏希の実写版を紹介しました!

「ブルーモーメント」の原作は、今も連載されている「BLUE MOMENT」という漫画が原作でした。

「ブルーモーメント」というのは、日の出前と日の入り後のほんのわずかな隙にある、町全体が濃い青色に染まる時間のこと。

その「ブルーモーメント」を見るために、特別災害対策本部(SDM本部)の人たちが奮闘している姿を描く漫画です。

ドラマの主演は演技派の山下智久さんと、今とっても期待されている出口夏希さん。

二人の活躍が今からとっても楽しみです!

ブルーモーメント漫画あらすじをネタバレ紹介!山Pと出口夏希の実写版を紹介しした!

>>>>山Pと共演!出口夏希さんってどんな人?

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
スポンサーリンク
ABOUT ME
オハナ
オハナ
子育てカウンセラー            医療系転職コンサルタント
普段は犬と2人暮らしの在宅ワーカーです。趣味は旅行することと健康と美容に関すること。海外旅行も好きだけど最近は日本の良さ再発見して国内旅行にはまっています。
記事URLをコピーしました