エンタメ
PR

カメレオンKingGnuのMVが怖い?意味をストリーから考察してみた!

オハナ
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

カメレオンというKingGnuのMVが怖い?意味をストーリーから考察してみました。

この「カメレオン」は人気ドラマ「ミステリという勿れ」の主題歌としてリリースされた曲。

その神秘的な楽曲からMVは多くのファンが期待していてものでした。

全編フルCGというそのMVは、ストーリーを理解しながら見ていくと、芸術性が高く何度も見たくなる映像になっています。

今回はカメレオンKingGnuのMVが怖い?意味をストーリーから考察してみたという内容でお届けします。

KingGnuカメレオンMVは怖い?

KingGnuのカメレオンMVが怖い?

King Gnuの新曲「カメレオン」のMVは、その独特な演出と物語性で、多くのファンがいろいろな感情を持って視聴したのではないでしょうか?

このMVは、一見すると不気味で怖いというところが際立っているように感じられますが、その背後には深いメッセージが隠されているのです。

KingGnuカメレオンMVの最初の印象

最初にこのMVを視聴したとき、多くの人が感じるのはその「怖さ」です。

映像は、列車内での食事を楽しむ男性と女性のシーンから始まります。

最初は怖くない、よく見ると怖さを感じてくる

このシーンは一見平和に見えますが、女性の顔が回転し、表情が変わる瞬間に、一転して不気味な雰囲気を醸し出しています。

このような予期せぬ展開は、視聴者に強烈な印象を与え、物語の先が気になる怖さを感じさせます。

カメレオン:KingGnuのMV怖さの要素とその理由

このMVの怖さは、例えると歴史的な芸術作品、絵画などを見た時に一瞬自分が理解できない物からくる、深い深い奥を感じるようなイメージもあるような気がします。

また、はっきり言って、不気味なビジュアルと、予測不能なストーリーラインがその怖さの要素でもあると思います。

例えば、女性の顔が回転する場面や、男性の頭が割れていて、そこに花を挿していたり、またその頭から現れる黒い煙のようなモンスターは、視覚的にも衝撃的です。

さらに、「理想の自分になれる薬」を飲んだ後の男性の変貌は見ていると怖さを感じてしまいます。

でも、こういった要素は単なる怖さだけでなく、人間の内面の葛藤や、愛と受容のテーマを象徴しているのでしょう。

男性と女性、そして二人を取り巻く環境の変化は、一人の人間には多面性があり、それを受け入れることの大切さを表しているのです。

このように、King Gnuの「カメレオン」MVは、表面的な怖さの中に深い意味を秘めていて、何回も視聴することで意味がどんどん入ってきます。

見る人は、初見の怖さを超えて、このMVの本質を理解することで、楽曲とは違う感動を受けます。

カメレオン:KingGnuMVのストーリー解析

KingGnuのカメレオンMVが怖い?

King Gnuの「カメレオン」のミュージックビデオは、その独特なストーリーテリングと映像美で注目を集めています。

このMVは、一見すると不可解で怖いと思う人が多いのですが、深く掘り下げると、人間の感情や関係性に関する深いメッセージが込められています。

カメレオン:KingGnuMV登場人物とその背景

このMVの主要な登場人物は、一組の男女と、彼らを取り巻く環境です。

名前は、女性がテレス、男性はレオン、そして一緒に出演している犬がザックスです。

登場人物
  • 頭が割れた少し気弱なレオン
  • 気高くひたすらに美しいテレス
  • 勇敢で優しさに溢れたザックス

レオンは、初めて見ると普通の若者のように見えますが、彼の内面には葛藤や不安が隠されています。

一方、テレスは表面上は明るく美しいが、彼女の顔が回転するシーンは、彼女の内面に隠された別の側面を示唆しています。

この二人の関係性は、MVの進行に伴い、徐々に複雑なものへと変化していきます。

カメレオン:KingGnuMVストーリーとキーポイント

MVのストーリーは、列車内での食事シーンから始まります。

このシーンは、二人の関係の始まりを象徴しており、平和で穏やかな雰囲気を持っています。

でも、テレスの顔が回転する瞬間、物語は一転して不気味な方向へと進みます。

テレスはモデルとして成功していて、レオンはそのテレスの活躍を街中のチラシや、テレスが取材を受けているところから知ります。

ここで、気になるのが、登場人物はみんな糸で吊られていて、「操り人形」のようにも見えます。

テレスとの自分との違いに落ち込むレオンは、「理想の自分になれる薬」を見つけ、お金を払ってそれを手に入れます。

その「理想の自分になれる薬」を飲んだ後の変貌は、物語のクライマックスを迎える重要なポイントなのですが、薬を飲んだ後には吊るされていた糸がなくなってしまします!

「理想の自分になれる薬」を飲むと自由になるのでしょうか?

理想の自分とは?自分の意思を持って行動すること?

テレスもザックスも糸で吊るされているのです。

このレオンが薬を飲むシーンは、人間の内面の葛藤や、自己受容の難しさを象徴しているようです。

レオンが薬を飲むシーンは、人間の内面の葛藤や、自己受容の難しさの象徴

「理想の自分になれる薬」を飲んだ後にレオンの頭から黒いモクモクとしたものが出てきて、レオンを包み込もうとしたときにテレスが気づいて、レオンのそばに駆け寄り、一緒にその黒い物に包まれてしまいます。

この場面で息を飲んでしまうのですが、最終的に、二人が再び電車で食事をするシーンで、物語は幸せそうな結末を迎えています。

物語の最初の食事のシーンと同じ場所なのですが、終わりの場面の方が幸せそうです。

最後はレオンの割れた頭から鳩が飛び出してくるのですが、鳩は平和とか愛情とかの象徴になりますよね!

そのおかげで見終わった後には安堵の気持ちがのこります。

ただ、平和に終わったのですが、またレオンも糸で吊るされて、「操り人形」のようになっているのです。

幸せとは?理想の自分とは?を考えさせられるMVです!

それでもKing Gnuの「カメレオン」MVは、表面的な怖さの中に、愛、受容、そして人間の多面性に関する深いメッセージを秘めています。

人間関係の複雑さと美しさを感じ取ることができるMV

MV制作はPERIMETRONのOSRINさん

KingGnuのカメレオンMVが怖い?

King Gnuの「カメレオン」ミュージックビデオの監督を務めたPERIMETRONのOSRINさんは、King Gnu『白日』のMVも携わった方で、他にもミスチルのMVなども作成されているようです。

OSRINさんの独特なビジョンとアプローチは、MVの全体的な雰囲気とメッセージに大きく影響を与えています

OSRINさんの生み出したMVの魅力

「カメレオン」MVにおいても、彼のスタイルは明確に表れています。

例えば、人形の顔が回転するシーンや、男性の頭から現れる黒い煙のような存在は、OSRINさんの創造性と革新性を示しています。

こういったビジュアルが、見る人に強烈な印象を与え、物語の深い層を引き出す効果を持っています。

初見では「怖い」と思ってみたMVですが、ストーリーを考えて何度も見ると、頭の割れたレオンもかわいらしく見えてきて、感情移入してしまいそうです。

まとめ

KingGnuのカメレオンMVが怖い?

カメレオンというKingGnuのMVが怖い?意味をストーリーから考察してみました。

約3分半という短い物語の中ではありますが、人間としての在り方や、自分に大切なものはなんだろう?などを考えさせられるMVでした。

曲の題名の「カメレオン」は、歌詞の中には一切使われてなく、その「カメレオン」らしい変わっていくものを何度も歌詞の中に入れています。

このMVもカメレオンは登場しませんが、テレスの顔の表情や、二人の気持ちの変化などで「カメレオン」を表しているのかもしれません。

今回は怖いという噂のKingGnuの「カメレオン」MVについて、意味をストーリーから考察してみました。

>>>>MVの続編KingGnuの「硝子窓」の考察はこちら

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
スポンサーリンク
ABOUT ME
オハナ
オハナ
子育てカウンセラー            医療系転職コンサルタント
普段は犬と2人暮らしの在宅ワーカーです。趣味は旅行することと健康と美容に関すること。海外旅行も好きだけど最近は日本の良さ再発見して国内旅行にはまっています。
記事URLをコピーしました