家のこと
PR

クリスマスローズと風水で幸せを呼び込む!縁結びの秘密

オハナ
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

春から夏にかけてにぎやかだった我が家の庭も、秋が深くなり、冬を迎えるとだんだんと寂しくなってきます。

そんな寂しげな庭の中で、ひっそりとした美しさを持つ花、それがクリスマスローズです。

クリスマスローズは、洋風でも和風でもどっちにも寄せることができるし、柔らかな雰囲気で気品ある美しさがあって、私も大好きな花です。

そしてただ美しいというだけじゃなく「風水の観点からも大きな意味を持っている」と聞いたので、もう何年も前からクリスマスローズを植えたり、家の中に持ってくるときは、風水の意味も考えながら配置するようにしています。

クリスマスローズは幸運と縁結びの象徴として古くから親しまれているので、「ご縁」=「パートナー」というだけでなく、「ご縁」=「仕事や人間関係」で良いご縁とも考えられるので、うまく取り入れたいと思ったからです。

寒い季節に力強く咲くその姿は、どんな困難にも負けない強さと希望のメッセージを私たちに伝えてくれるようです!

今回は、クリスマスローズを風水に取り入れる具体的な方法をご紹介します。

特に、家のどの部分に飾ると良いのか、どのように手入れをすることで風水の力を最大限に引き出せるのかということに、焦点を当てて、風水の基本からクリスマスローズの特別な役割までをわかりやすく解説します。

ぜひ最後まで読んで、冬の寒さを忘れさせる暖かな幸せのエネルギーを、クリスマスローズと共にお家に取り込みみましょう!


このブログを読むとわかること

  • クリスマスローズは植物としての特性
  • クリスマスローズを育てるときに気を付けるべきこと
  • クリスマスローズと風水の関係
  • 具体的にどこに飾るとよいのか

クリスマスローズと風水で幸せを呼び込む!

クリスマスローズ

クリスマスローズは華やかさはないけれど、落ち着いた雰囲気で見ているだけでほっとする花で、私の大好きな花です。

まずはクリスマスローズはどんな花なのかという魅力から解説していきます。

クリスマスローズとは? – 特性と由来

クリスマスローズは、冬の終わりから春にかけて咲く、耐寒性に優れた多年草です。

上手に育てると、毎年綺麗な花を咲かせることができるのです。

名前の由来は、キリストが生まれたクリスマスに咲く花というところから来ていますが、実際にはクリスマスよりも少し遅れて冬の最も寒い時期に花を開くことが多いです。

ヘレボルスという学名を持ち、特にヘレボルス・ニゲルをクリスマスローズの代表種として挙げることができます。

クリスマスローズの魅力は、寒さの厳しい時期にも関わらず、雪の下からも芽を出して咲く強靭さにあります。

この花は、ヨーロッパを中心に古代から親しまれており、中世の修道院の庭で栽培されていた記録も残っていると言われています。

また、魔除けや薬用としての歴史も持っていて、毒性があるので、ペットを飼っている人は注意をしないといけない植物でもあります。

風水において、クリスマスローズはその生命力とともに「新しい始まり」や「浄化」の象徴とされています。

寒い冬を乗り越えて春を告げる花であるため、新たなスタートを切る時のサポートとして、またネガティブなエネルギーを払う力があると言われています。

花弁は柔らかくはかなげな印象の美しさなのに、その見た目とは違い力強い生命力を秘めたクリスマスローズは、日本でもとても人気で、風水的には幸福と繁栄をもたらすアイテムと言われています。

クリスマスローズと風水の関係性

クリスマスローズ

クリスマスローズは風水において重要な役割を果たします。

風水とは、4000年以上前の中国で発祥した、「気」の力を使った環境学です。

簡単に言うと自分の身の回りの物(環境)を利用して、運気アップしていく学問です。

その中で、クリスマスローズは強い生命力と持続性を象徴し、これらの特性は風水の中で非常に価値のある要素とされています。

特に冬の間も力強く咲き続けるその姿から、逆境を乗り越える力として、また、新しいスタートと再生のシンボルとして尊重されてきました。

クリスマスローズの花が持つ白や淡いピンクの色は、風水における「陰陽五行説」の要素である「金」や「火」の気質持っていて、それぞれ、物事をすっきりとリセットする力や、柔らかく和やかな人間関係を作れると言われています。

住まいの中で、すっきりと且つ穏やかな気の流れを作り出すことで、住む人の精神的なバランスと幸福感を高める効果があるとされています。


また、風水では位置も重要と言われていて、クリスマスローズを家の入口近くやリビングなどの共有スペースに置くことで、ポジティブなエネルギーを招き、家族間の縁を深めるとも言われています。

もともと、植物が持つ自然のエネルギーは、家の中の気の流れを改善して、幸せや繁栄を促進すると考えられてはいます。

その中でもクリスマスローズを使った風水は、古来から伝わる自然の力を活用し、日常生活に穏やかさと明るい希望をもたらすための知恵とされています。

クリスマスローズを活用した風水テクニック

リビングルーム

クリスマスローズを風水で活用する際には、いくつかのテクニックを用いることで、その効果を最大限に発揮することができます。

以下に、風水に基づいたクリスマスローズの活用法を具体的に紹介します。


入り口への配置

風水では、家の入り口は「気」が入ってくる場所とされています。

クリスマスローズを玄関やドアの近くに置くことで、良い「気」の流れを促し、同時にネガティブなエネルギーを遮断する効果が期待できます。


リビングやダイニング

家族が集まるリビングやダイニングにクリスマスローズを置くことで、家庭内の和を促進し、温かく穏やかな雰囲気を作り出すことができます。

また、コミュニケーションの活性化にも役立ちます。


風水の五行に沿った色の選択

クリスマスローズには様々な色がありますが、風水の五行(木、火、土、金、水)に応じた色を選ぶことで、特定のエネルギーを強化することが可能です。

例えば、金運をアップさせたい場合は、黄色や金色に近い色の花を選びます。


浄化のための配置

クリスマスローズには浄化の力があるとされています。

寝室や勉強部屋など、プライベートな空間に置くことで、心身のリラックスや精神の安定を助け、悪いエネルギーを払うと言われています。


季節に合わせた飾り方

クリスマスローズは冬から春にかけての花です。

その季節に合わせて飾ることで、季節の変わり目のエネルギーを取り入れ、新しい始まりや成長の象徴としての役割を果たします。


風水においては、植物を活用することは非常にポジティブな影響をもたらすとされていますが、きちんと手入れすることは必須です。

手入れは必須!手入れができないなら、置かない方がよい

枯れた植物、根腐れを起こした植物をそのままにしておくと、家の中の空気はよどんでしまいます。

その点、クリスマスローズは初心者の人にも比較的育てやすい植物なので、そういった意味でも風水に取り入れるのにおすすめの植物です。

クリスマスローズは鉢植えの場合は、適度な水やりと、直射日光を避けることで健康に育ちます。

庭に地植えする場合は基本的に水やりは必要ありませんが、直射日光が一日中当たるような場所は避けましょう。

植物といえども、きちんと愛情をかけて世話をすることで、植物からの良い「気」を引き出すことができます。

クリスマスローズと風水の縁結びの秘密

寝室

ここまでで、クリスマスローズの魅力は伝わったかと思いますが、もっと言うと、このクリスマスローズというのは縁結びの効果が高いのです。

縁結びは「素敵なパートナーとの縁結び」もありますが、「仕事でも良いご縁」ということもあります。

それぞれのタイミングで目指す「ご縁」は違うかもしれませんが、いずれにしても上手にエネルギーを循環させたいですね。

今回紹介するのは特に!恋愛の縁結びのための内容になりますが、仕事での良いご縁にもアレンジしてやってみてください。

クリスマスローズによる縁結びのルーチン

クリスマスローズはその優美な花姿で知られると同時に、風水の中でも特に縁結びのパワープラントとしても注目されています。

良縁を願うルーチンにクリスマスローズを取り入れることで、愛とハーモニーのエネルギーを高めることができます。

まず、自分の寝室やリビングなどのプライベートスペースクリスマスローズを配置しましょう。

風水では南西の方角が人間関係のエネルギーと関連しており、特に縁結びに良いとされています。

この方角にクリスマスローズを置くことで、運気が上がります。

そして、新月の日にクリスマスローズに水をやりながら、自分の望むパートナーの特徴や理想の関係について具体的にイメージしましょう。

月のエネルギーと植物の生命力を組み合わせることで、願いが宇宙に届きやすくなると風水では考えられています。

また、毎日クリスマスローズの前で瞑想をすることで、心の中で愛のエネルギーを育てることができます。

穏やかな気持ちで花を眺めながら、心を落ち着けて自己の内面と向き合う時間を作ることは、自分自身を愛し、結果として良縁に繋がる周波数を高めることにつながります。

このように、クリスマスローズを使った縁結びのルーチンは、外側の環境を整えるだけでなく、内面のエネルギーを高めることにも重点を置いた方法です。

余談ですが、なんと、私の友人はこの方法で素敵なパートナーと知り合うことができ、結婚することになりました。

そして私はこのルーチンを1ヶ月ほど続けて、新しい仕事のチャンスをいただいたのです♪♪

まとめ

クリスマスローズは、その冬に咲く美しい姿から縁結びと新たな始まりの象徴とされ、風水においても重要な役割を果たします。

風水のテクニックを使って、クリスマスローズを日常に取り入れることで、ポジティブなエネルギーを呼び込み、心穏やかな慈愛のエネルギーを育てることができます。

美しいこの花を通じて、自然の力を感じながら、毎日をポジティブに過ごしていきましょう。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
スポンサーリンク
ABOUT ME
オハナ
オハナ
子育てカウンセラー            医療系転職コンサルタント
普段は犬と2人暮らしの在宅ワーカーです。趣味は旅行することと健康と美容に関すること。海外旅行も好きだけど最近は日本の良さ再発見して国内旅行にはまっています。
記事URLをコピーしました