エンタメ
PR

映画法廷遊戯は年齢制限がある?対象年齢は何歳からか怖い描写があるのか解説!

オハナ
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

映画法廷遊戯は年齢制限がある?対象年齢は何歳からか怖い描写があるのか解説します!

永瀬廉、杉咲花、北村匠海が共演したミステリー「法廷遊戯」がPrime Videoで4月配信が決定しました!

とっても面白い内容でしたが、この映画は年齢制限があるのでしょうか?

キャストは若い人に人気の人ばかりなので、子供と一緒に観たいと思うパパママも多い映画だと思います。

でも「法廷」とかミステリーとか聞くと、殺人事件?があるのでは?とか、そういったっシーンがあって衝撃的なのでは?とか心配になりますよね。

また、法律とかの話になると、難しくて理解できないのでは?と、考えてしまいますよね。

今回はこの映画が、何歳から楽しめるかを考察してみました!

あらすじのネタバレも含みますので、知りたくない!という人は最後のまとめだけ読んでくださいね!

今回は、映画法廷遊戯は年齢制限がある?対象年齢は何歳からか怖い描写があるのか解説します!

AmazonPrimevideoはこちらから

映画法廷遊戯は年齢制限がある?

結論からいいますが、この映画には年齢制限は設けられていません。

法律をテーマにしたミステリーですが、特に法律のことに詳しくなくても楽しめるように作られています。

同じ法律であるのに、その時々で裁判の印象が変わっていくので、実際の裁判をなかなか見ることができない私たちにはとても考えさせられる内容になっています。

法廷遊戯の内容

法律家を目指して、法科大学院に通う久我清義(永瀬廉)、織本美鈴(杉咲花)、結城馨(北村匠海)は、模擬裁判をして、遊びのような、勉強のような事をして、息抜きをしていました。

数年後、久我清義は弁護士として働いていたが、かつてのゲームの参加者が次々と事件に巻き込まれていきます。

その事件の真相を解明するために久我清義が過去の自分と向き合う話です。

清義と美鈴は共に親から虐待を受けて同じ施設で育って支え合って生きてきたことから、若い時に犯罪も犯していたのです。

清義と美鈴は、痴漢の冤罪をでっちあげていく犯罪に手を染めていくのですが、その冤罪に問われたのが、法科大学院で一緒に勉強をしていた結城馨の父親だったのです。

結城馨の父親は、精神を病んで自殺してしまったことから、馨は自分の父親を陥れた清義と美鈴に復讐するために自らの命を賭けたのです。

一見学生時代の仲良し3人の話かと思いきや、とても深い因縁でつながっていた3人だったのです。

このようなストーリーですが、特に凄惨なシーンがあるわけではなく、淡々とストーリーは綴られていくので、その雰囲気が怖い!とか、人によって感じるかもしれませんが、決して怖がらせるための映像ではありません。

映画法廷遊戯の対象年齢は?

法廷遊戯の対象年齢は?

対象年齢は、全年齢と言いたいところですが、主人公とその幼馴染の絆の理由や、過去に犯した犯罪の事を理解して、ストーリーも楽しむ年齢は、中学生くらいかな?と思います。

もちろん永瀬簾さんのファンであるなら、もっと年齢が低くてもそれだけで楽しいかもしれません。

高校生以上になると、このストーリーの深いところも理解できてもっと楽しめると思います。

この対象年齢というのは、あくまで私の主観なので、人によって感じ方は変わることもあります。

AmazonPrimevideoはこちらから

映画法廷遊戯は年齢制限のまとめ

まとめ

今回は、映画法廷遊戯は年齢制限がある?対象年齢は何歳からか怖い描写があるのか解説しました!

この映画には年齢制限はありませんでした。

法廷、ミステリー、犯人、殺人事件、と、怖い単語が出てきますが、実際に殺人の描写が有るわけではないので、映像を見てショックというような内容でもありません。

ミステリーなりのドキドキ感はありますが、普通に楽しめる映画でしょう。

ストーリーもわかりやすく法律のことがわからなくても、誰でも理解できる内容ですが、ミステリーなのと過去と現在の話が入り混じっているので、しっかりと話の内容を理解するのは中学生くらいからなのかな?とは思います。

今回キャストが永瀬廉さん、杉咲花さん、北村匠海さん、と若い世代に人気の人たちなので、その分楽しんで観ることができそうです。

4月からAmazonPrimevideoで観ることができるので、家族そろって楽しんで観てほしいです!

今回は、映画法廷遊戯は年齢制限がある?対象年齢は何歳からか怖い描写があるのか解説しました!

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
スポンサーリンク
ABOUT ME
オハナ
オハナ
子育てカウンセラー            医療系転職コンサルタント
普段は犬と2人暮らしの在宅ワーカーです。趣味は旅行することと健康と美容に関すること。海外旅行も好きだけど最近は日本の良さ再発見して国内旅行にはまっています。
記事URLをコピーしました