家のこと
PR

犬にペットホテルってかわいそう?嫌がる時に慣れさせる方法も紹介!

ペットホテルはかわいそう?嫌がるときに慣れさせる方法も紹介
オハナ
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

犬にペットホテルってかわいそう?嫌がる時に慣れさせる方法も紹介!

愛犬にペットホテルが「かわいそう」というイメージを持つ飼い主は少なくありません。

私も6歳のトイプードルを飼っているのですが、最初はそうでした。

愛犬を見知らぬ場所に預けることへの罪悪感、また愛犬自身が見せる不安のサインに、心を痛めることもしばしば・・・。

でも、適切なペットホテルの選び方と、慣れさせる方法を学んだら、この経験はペットにとってもプラスに変わるということがわかりました。

今回は、犬が嫌がる原因と、ストレスなくホテルに慣れさせるための具体的なステップを解説していきます。

飼い主とワンちゃんの両方にとって心地良いペットホテル体験のために、一緒に学びましょう。

犬にペットホテルってかわいそう?嫌がる時に慣れさせる方法も紹介!

犬にペットホテルってかわいそう?

ケージの中にいる犬

「愛犬をペットホテルに預けるのは本当にかわいそうなの?」

昔、「ワンちゃんがかわいそうで・・」と愚痴をこぼした私に、愛犬家の友達から投げかけられたのがこの言葉でした。

確かに、愛犬がほんとはどんなふうに感じているのかはわからないから、かわいそうと思うのは飼い主の勝手な気持ちかもしれない。

飼い主に会えなくて寂しいという気持ちと、かわいそうということはイコールではない、と思って、ペットホテルの現実やかわいそうと思わないためにはどうしたらよいのかを探ってみました。

ペットホテルの現実:かわいそうなのか?

犬を飼っていると、なかなか旅行にいけない!と嘆く人がいます。

寂しがり屋のワンちゃんは、一人でお留守番は長い間はできません。

ましてや、1泊2日とか2泊3日とか、給餌のことも考えるとどうしても無理でしょう。

そんな時に役に立つのがペットホテルなのですが、最初はペットホテルに預けるのは躊躇してしまいますね。

ペットホテルに預けることを「かわいそう」と思う原因は?

多くの飼い主がペットホテルを「かわいそう」と感じるのは、ペットとの一時的な別れが彼らにストレスを与えるのではないかという心配からですよね。

でも、現実は必ずしもそんなネガティブなものではないようです。

専門的に設計されたペットホテルは、ペットの生理的および感情的な要求を満たすためにたくさんの工夫が凝らされています。

適切な活動の機会、安全な環境、一貫したプロのケアによって、多くのペットは新しい環境に順応しているようです。

飼い主と離れることは、寂しい

もちろん、愛犬が飼い主と離れることによる寂しさはあるでしょう!

飼い主自身も家族同然に暮らすペットと離れる寂しさもありますよね。

でもいくつかのペットホテルを見学するにつれて、これを直ちに「かわいそう」と同一視するのは早計では!!と思うようになってきました。

寂しいかもしれないけど、かわいそうではないのでは!と思えて来たのです。

ペットホテルの別の側面もある

ペットホテルはペットが社交的になる良い機会です。

それに経験豊富なスタッフがペットのストレスを最小限に抑えるよう愛情を持って接してくれています。

ペットが新しい環境に慣れるための時間と、適切なケアがあれば、ペットホテルはポジティブな体験へと変わることも多いようです。

「かわいそう」というレッテルを貼る前に、ペットホテルが提供する利点と機会を考えてみることが大切です!

ペットの不安を理解する:嫌がる原因を探る

嫌がる犬

ペットがペットホテルを嫌がるのにはいろいろな原因があるので、それを取り除けば不安を和らげ、ペットにとって快適な滞在になる可能性があります。

環境の変化

まず、環境の変化は多くのどのペットにとって大きなストレス要因でしょう。

馴染みのある自宅とは違う新しい場所、未知の動物や人、そしてその場所特有のにおいや音は、ペットを不安にさせることがあります。

生活リズムの変化

次に生活リズムの変化もペットにとって大きな不安材料ですよね。

毎日の散歩や食事の時間、遊びの時間が変わることは、ペットにとってはストレスになるでしょう。

飼い主と離れる

それに、ペットは飼い主との強い絆を持っているので、離れること自体が不安やストレスの原因になることもあります。


でも、これらの不安要因を理解すると、ペットホテルでの滞在をより快適なものに変えることができます。

ペットの性格や過去の経験に配慮して、慣れ親しんだ好きなおもちゃを持参するなど、細やかな心配りがペットの不安を軽くしていきます。

私たち飼い主も、こういった情報をペットホテル側に伝えて、コミュニケーションを取ることが大切です。

最終的には、ペットホテルが安心できる第二の家となれば理想的です。

慣れさせる前の準備:ペットホテル選びのポイント

ペットをペットホテルに慣れさせるためには、そのペットに合ったホテル選びが非常に重要です。

ペットホテルを選ぶ基準をいくつか挙げてみましょう。

清潔で安全

選ぶ時の基準で一番に思うのは、清潔で安全な施設ということですね。

ケージや運動スペースが清潔に保たれていて、ペットがケガをしないような設計がなされているかをチェックしましょう。

スタッフの質と経験

ペットに対する愛情と知識が豊富なスタッフがいるかどうかは、ペットが安心して滞在できるかどうかに大きく関係します。

スタッフがペットの行動や健康状態に気を配って、適切に対応してくれるかどうかは大切です。

個々のペットのニーズに応えられるか?

さらに、預かりの間のスケジュールなど、融通が利くかどうか、という点も気になります。

特に食事や薬を摂っているペットなら薬の管理、運動のタイミング、その他の特別なケアが必要なペットの場合は、それらを満たすことができる施設を選ぶ必要があります。


事前に施設を見学をすることで、実際の環境やスタッフの対応を自分の目で確かめることができます。

今はネットでの口コミやレビューも参考になりますが、最終的にはペットの性格や特性に合ったホテルを選ぶことが大切です。

適切なペットホテルを選ぶことで、ペットが新しい環境に慣れやすくなり、飼い主自身も安心して預けることができます。

ペットホテルってかわいそう?嫌がる時に慣れさせる方法

ストレスフリーな慣れさせ方

ペットホテルを利用することは、飼い主の都合のためだけと思うのではなく、ペットもいろいろな人や、動物と触れ合う社交場に行くようなもので、慣れてくればきっとお友達が増えて楽しんでくれると思うと、少し前向きになりませんか?

次からは慣れさせる方法をお伝えします。

ストレスフリーな慣れさせ方:段階的なトレーニング

ペットがペットホテルに慣れるためには、段階的にやっていくことが効果的でしょう。

慣れさせるのも無理やり、ではなく、そこでストレスにならないように、ストレスフリーな慣れさせ方を目指します。

まずは短期の預かりから

初めての時は数時間だけペットを預けて、その間におやつやおもちゃを使って楽しい経験を連想させることが大切です。

次に、半日や一日預けるなど、徐々に滞在時間を延長していきます。

この時に、ペットホテルのスタッフと協力して、ペットがリラックスできるような環境を整えてもらうことも重要です。

ペットが新しい環境に慣れるまでは、普段使っている毛布やおもちゃを持参することで、安心感を与えます。


キャリーバッグや車の移動にも慣れさせておく

慣れていないとペットホテルへの移動もストレスになり得るため、事前にキャリーバッグや車での移動に慣れさせる訓練を行うと良いですね。

滞在中のペットには、飼い主の声が録音されたメッセージを聞かせたり、ビデオ通話で顔を見せたりすることも、安心材料となります。


ペットホテルのスタッフと良好な関係を築きましょう

ペットは、飼い主とペットホテルのスタッフとの関係性にとても敏感です。

飼い主がスタッフのことを下に見ていると、ペットはスタッフの言うことを効かなくなります。

飼い主とスタッフが良好な関係でいることで、ペットがスタッフを信頼しやすくなり、ストレスを感じにくくなります。


トレーニングを通じてペットがホテルの環境やスタッフに慣れ、ストレスなく過ごせるようになれば、ペットホテルは飼い主不在時の頼れる存在になります。

万全のサポートで安心:ペットホテル滞在中のケア方法

ペットホテル滞在中は、ペットが安心して過ごせるよう、万全のサポート体制を整えることが大切です。

ペットホテルで、それぞれのペットに合わせたケアプランが提供されるかどうかは事前に確認しましょう。

  1. 日々のルーティンを維持できる
  2. 心のケアを気にかけてくれる
  3. 医療機関とも連携している
  4. 飼い主とのコミュニケーションにも協力的

滞在中のケアは、日々のルーティンを維持できることがうれしいですね。

食事や散歩の時間、遊ぶ時間など、普段の生活リズムをなるべく変えないようにすることがベストです。

また、ペットが特定の食事療法や薬を必要とするときは、そういった管理もきちんとやってくれるのかを確認する必要があります。

心のケア、これは見逃せません。

スタッフによる定期的な遊び、抱っこが安心感を与え、孤独感を減らしてくれます。

さらに、ペットが落ち着くためのアイテム、例えばお気に入りのおもちゃや毛布を持参することも有効です。

ペットホテルでは、24時間体制の見守りや、緊急時の獣医師へのアクセスの確保など、安全管理面も整っているのかも知りたいですね。

ペットの健康状態や行動の変化に対して迅速に対応できるようなところが理想的です。

最後に、ペットと飼い主の間でのコミュニケーションも忘れてはなりません。

今はビデオチャットや写真の更新などを通じて、飼い主にペットの様子を報告してくれたり、ペットに飼い主の声を届けてくれるホテルもあります。

これらすべてが組み合わさると、ペットはペットホテルでの滞在を安心して楽しむことができます。

まとめ

犬にペットホテルってかわいそう?嫌がる時に慣れさせる方法も紹介しました。

基本的に、ペットホテルは、飼い主がいない間もペットが安心して過ごせるように設計されています。

ペットにとっての新しい環境は当初不安かもしれませんが、適切な選択と慣れさせるための段階的なトレーニングをすることで、その不安は軽減されます。

清潔で安全、かつ愛情あふれるケアができるホテルを選び、事前の見学や短時間のトライアル期間を通してペットのストレスを最小限に抑えてあげましょう。

そうすることによって、預けることに対する飼い主自身のストレスも減っていきます。

滞在中の細やかなケアと飼い主とのコミュニケーション、これらが整えば、ペットホテルはペットにとって快適なセカンドハウスとなること間違いないです。

今回紹介した、ペットホテルを選ぶときに気を付けたいポイントや、慣れさせるためのコツを通して、全てのペットも飼い主も安心して利用できるようになると嬉しいです。

犬にペットホテルってかわいそう?嫌がる時に慣れさせる方法も紹介でした!

>>>>愛犬の遊ぶおもちゃは清潔に保ちたい!

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
スポンサーリンク
ABOUT ME
オハナ
オハナ
子育てカウンセラー            医療系転職コンサルタント
普段は犬と2人暮らしの在宅ワーカーです。趣味は旅行することと健康と美容に関すること。海外旅行も好きだけど最近は日本の良さ再発見して国内旅行にはまっています。
記事URLをコピーしました