エンタメ
PR

ポポロン似たお菓子の通販はある?類似品の比較も調査!

オハナ
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

明治ポポロンに似たお菓子の通販はあるのか?類似品も多数あるので、その比較もやってみました!

D子
D子

ポポロンって言ったら、あのシュークリームのちっさいやつで、中にチョコレートが入ったやつよね!

Aさん
Aさん

本家本元のポポロンはもう販売終了されてるので、似たようなお菓子ならどこでも売ってると思うよ!

みなさんも明治のポポロンのことはご存じでしょうか?

ポポロンは1976年(昭和51年)に発売されて、2015年に販売終了になるまで、40年近く愛されてきたお菓子です。

現在は、類似したシューチョコが売られてて、それを見るたびに、「ポポ・ロンロンロン♪ポポ・ロンロンロン♪」というCMの音楽は今でも頭の中で流れてきます。

そのくらい、「ポポロン」っていうのは、一般消費者に浸透していたのでは?と思います。

すごく人気だったはずなのに、販売終了したのは、やはりコンビニやスーパーで類似品が安く販売されるようになったからかな、と私は思っています。

ポポロン似たお菓子の通販はあるのでしょうか?

類似品の比較も調査してみました!

ポポロン似たお菓子の通販はある?

ポポロンに似たお菓子

ポポロンは、かつてお菓子売り場で人気を博した小さなチョコシューで、その独特の味わいが多くの方に愛されていました。

明治のお菓子の中でもちょっと値段が高く(当時でも200円ほどしたため)ライバル商品に売り上げで負けてしまったのか今では販売終了になっています。

まずは、このポポロンに似ているお菓子の入手方法を探ってみました。

ポポロンに似たお菓子の通販はあるの?

「ポポロン」は1口サイズのサクッとしたシューの中に、柔らかいチョコクリームが入っているお菓子。

そういった意味では似たようなチョコシューはいくつかあります。

リスカのチョコシューは、一つ一つが大きく、シュー生地がソフトで、チョコクリームが特徴的です。

また、ダイソーのワンワンブランドのサクサクチョコシューも、ポポロンに近い食感で、カリッとしたシュー生地が特徴です。

そして「ポポロン食べたい!」と思ったときは、通販サイトが便利です。

Amazonや楽天など大手のネット通販でも購入できます!

Amazonや楽天では安定して購入できます。

ポポロンに似たお菓子

前述したように、ポポロンに似た1口サイズのサクッとしたシューの中に、チョコクリームが入っているお菓子はいろいろあります。

中でもリスカ製のチョコカルシューは、コンビニやスーパーで名前やブランドを変えて、広く販売されています。

他にも何かちょっとしたものが欲しいときに行ってみる百均の代表、ダイソーでも「ワンワンのサクサクチョコシュー」というのがあります。

「ポポロン食べたい!」と思った時は、ポポロンの代わりとしてこれらのチョコシューを選ぶといいですね。

ポポロンに似たお菓子店頭で購入するときは?

店頭でポポロンに似たお菓子を探す場合、ダイソーや、大手スーパーやコンビニが簡単です。

ポポロンに似たお菓子なら、ダイソー、大手スーパー、コンビニ各社で取り扱いをしています。

販売しているところは、大手スーパー、コンビニと、いろいろあるのですが、実はどのチョコシューも、製造元が同じなんです!

大きく分けて製造元は3つ「リスカ」「マルキン」「旺旺」でしょう!

リスカ株式会社

リスカという会社の名前がよく見られていますが、リスカの正式名称は『リスカ株式会社』で、あの「うまい棒」を製造している会社です。

リスカは「うまい棒」も製造だけしていて、販売は「やおきん」という会社が販売元となって売っています。

チョコシューも、自社のブランドの「チョコカルシュー」というのを出してはいますが、他にもコンビニ各社のチョコシューを製造しています。

株式会社マルキン

マルキンも同じくお菓子の製造メーカーですが、洋菓子が専門のようで、自社での販売はバウムクーヘンとか、マフィンなどですね。

マルキンで製造されたものは、大手スーパーのライフが販売しています。

旺旺・ジャパン株式会社

旺旺はダイソーで販売しているお菓子の製造元になります。

こちらは中国の会社が日本の岩田製菓と業務提携してできた会社です。

旺旺の通販サイトでも同じネーミングの「サクサクシューチョコ味」を買うことができますよ。

ダイソーの店頭に置いてあるものとはパッケージが若干違いますね。

ポポロン類似品の比較

ポポロンの類似品

前章の通り、ポポロンに似たお菓子というのは、大きく分けて、3つの製造元があるようです。

もしかしたらほかにもあるかもしれないので、見つけたらまたこちらも更新していきますね!

ポポロンの類似品の比較

チョコシューは、一口サイズのシュークリーム風スナックで、量が多く100円程度で販売されています。

同じ製造元であっても、販売元のコンセプトが違うと、内容量や大きさが若干違うようです。

チョコシューは同じ製造元でも販売するブランドが違うと内容量や大きさに違いがあります!

ポポロンの生産終了後、その代替として注目されているのが、コンビニで広く販売されているチョコシューですね。

リスカ製のチョコシューは、コンビニ各社が独自のブランドで販売しています。

セブン-イレブンではイチゴ味も展開していて、他のコンビニとの差別化を図っているようです。

これらのチョコシューは、ポポロンに似た味わいを提供し、ポポロンファンにとって魅力的な選択肢となっています。

ポポロンの類似品比較

ポポロンとれらのチョコシューを比較すると、いくつかの違いが見られます。

まず、ポポロンは小ぶりで硬めのサクッとしたシューでしたが、現在のチョコシューはポポロンよりもひと回りくらい大きく、シューはしっとりしています。

チョコの味わいも、駄菓子的な脂肪分の多いもので、ポポロンのチョコクリームとは異なる風味を持っています。

ポポロンと比べると、今売られているチョコシューはひと回りほど大きく、ふっくらしたシュー皮で、クリームは脂肪分が多く感じる

コンビニ各社のチョコシューは、見た目や味に大きな違いはなく、どこで購入しても同じリスカ製の品質を楽しむことができます。

ちなみに原材料でセブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップの3社を比較してみても、多少の量の違いはあってもほとんど同じものが使われています。

セブンイレブンのものだけが発酵バターを使っていますが、それもシュー生地の中の2.6%程度なので、わかる人はわかる!?わかるの??程度だとは思います。

セブンのチョコシューだけは発酵バター使用しています

そのせいなのか、セブンとファミマは内容量は同じだけど、セブンが10円高いです。

そして、ミニストップは一番やすいのですが、内容量が5gほど少ないです。

コンビニのチョコチューだけに限って言えば、各社どれも大差なく、同じ味を味わえると思います。

コンビニ各社のチョコシューは、どれも大差なくどこで購入しても同じに感じる

まとめ

ポポロンに似たお菓子

明治ポポロンに似たお菓子の通販はあるのか?と思い、今回類似品の比較などもしてみました。

「ポポロンロンロン♪」と流れていたあのCMの本家ポポロンはもう手に入りませんが、今は、類似品でポポロン気分を味わえるようになりました。

なんでも値上がりしてて、チョコレート菓子は高くなってきていますが、このチョコシューはたっぷりチョコが味わえてどれも100円ちょっとで手に入るので、昔高嶺の花だったポポロンより、手に取りやすい価格です。

ポポロンのあのサクッとした触感がないのが残念ではありますが、これはぜひ明治さんに限定発売でもしてもらえたらな~と思います。

今回は明治ポポロンに似たお菓子の通販はあるのか?類似品も多数あるので、その比較ということで、調査させてもらいました。

またチョコシューを見かけたら追記していきたいと思います。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
スポンサーリンク
ABOUT ME
オハナ
オハナ
子育てカウンセラー            医療系転職コンサルタント
普段は犬と2人暮らしの在宅ワーカーです。趣味は旅行することと健康と美容に関すること。海外旅行も好きだけど最近は日本の良さ再発見して国内旅行にはまっています。
記事URLをコピーしました