家のこと
PR

カメムシの手に付いた臭いの消し方は石鹸か消臭スプレーか?アロマオイルも有効!

オハナ
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

カメムシの手に付いた臭いの消し方は石鹸か消臭スプレーか?アロマオイルも有効!

秋が来ると突然、どこからやってきたのかわからないうちに姿を現すカメムシ。

その防御機制は私たち人間に嫌がらせをしようとしているとしか思えないほどの嫌なもの。

その防御とは機制、そうです、その独特の臭いです。

庭いじりや散歩から戻った後、気づけば手に付いたその臭いに顔をしかめた経験、ありませんか?

通常の石鹸ではなかなか落ちず、消臭スプレーを使っても一時的かもしれません。

実は、私はカメムシの臭いが大の苦手なのですが、夫はそうでもないみたいで「そんなに気にならない」としか言いません。

もしかしたら個人差があるのかもしれませんが、でもアンケートを実施すれば、カメムシの臭い苦手派の方がきっと多いと思います!

今回は、カメムシの手に付いた臭いの消し方は石鹸か消臭スプレーか?アロマオイルも有効かどうかを解説していきます。

ぜひ最後まで読んで、皆さんも自分に合った方法を試してみてください。

カメムシの手に付いた臭い時の消し方は石鹸か消臭スプレーか?

私は天気の良い日中に、網戸などについているカメムシを見ると、ぞっとします。

ニュースで、「今年はカメムシが大量発生」などと見ると、どうしたものかと、まだ姿を見ぬうちから憂鬱になってしまいますが、何とかすぐに臭いを取ることはできないでしょうか?

まずはカメムシの臭いの成分を知って、対策を考えていきましょう!

「カメムシ臭の謎」なぜこんなに臭いのか?

カメムシが放つ独特の臭いは、なぜこんなに強烈なのでしょう?

この「防御の香り」は、カメムシの生存戦略にかかわっています。

「防御の香り」というのは、カメムシは自分の体から特定の化学物質を分泌することで、敵から身を守っているからです。

この臭いの基は化学的に言うと、アルデヒド類をはじめとした複数の成分が組み合わさっているということで、人間の嗅覚に対して特に強い反応を引き起こします。

強烈な臭いはカメムシが危険を感じた時にのみ放たれるので、私は「臭い爆弾」と呼んでいます!

この臭い爆丸が手に投下されてしまうと、水や普通に石鹸であらったぐらいでは、なかなか取り除くことができません。

この臭いがなぜこうも長持ちするのか、そしてなぜそこまで強烈なのかは、カメムシが生態系の中で果たしている役割があるので、それは仕方ないのかもしれません。

それでも私たち人間はなんとかして、この臭い爆弾を克服たいのですよね!

次の章から、実際にカメムシの臭いを取る方法を紹介していきます。

カメムシの手についた臭いを石鹸で落とす方法

カメムシの臭いは非常に強力で、一度手につくとなかなか取り除くのが難しいですが、ちょっと工夫をすれば、この頑固な臭いを落とすことができるのです。

台所の食器用洗剤で先に洗っておこう!

カメムシの臭いは、水で溶けやすいものと油で溶けやすいものが混じっているのです。

だから通常の手洗い石鹸をいきなり使うのではなく、その前に台所の食器用洗剤で手を洗うと、先に油に溶けやすい臭い成分が取れ、そのあとにいつもの手洗い石鹸で洗うと水に溶けやすい臭い成分がとれ、カメムシの臭い全体が効果的に取れるのです。

食器用洗剤が嫌ならクレンジングクリーム

食器用の洗剤で手を洗うのに抵抗がある人は、化粧品のクレンジングオイルやクリームを手になじませた後に石鹸で手洗いをするとよいでしょう。

それでもだめなら油を使ってみる

それでも臭いが取れないというときは、オリーブオイルや米油など、台所にある油をなじませてから石鹸で洗うとよいでしょう。

お水よりもお湯がいい

また、さらに上をいくコツとしては、冷水ではなくぬるま湯の方が、臭いの成分を分解しやすくするため効果的です。

ただし、熱すぎるお湯は肌を刺激するので避けてくださいね!

この方法でも手に臭いが残るということなら、このプロセスを繰り返えしましょう!


一度で完全に臭いが消えなくても、数回繰り返すことで徐々に臭いは薄れていきます。

食器用の洗剤を使った場合は、手を洗った後にハンドクリームなどで保湿して、手を乾燥から守りましょう!

臭い消しの味方 – 消臭スプレーの効果的な使い方

もしも、食器用洗剤がすぐに用意できなくて、石鹸だけですぐに臭いを取りたい!という場合は、石鹸に消臭スプレーをプラスすることで、カメムシのような強烈な臭いに対して一定の効果を発揮します。

消臭スプレーの場合は、使い方にはちょっとしたコツがあります。

消臭スプレーも選ぼう

まず選ぶ消臭スプレーは、できれば自然由来の成分で作られたものや、特に強力な臭いに対応した製品が望ましいです。

予洗い必須

使用する前には、手を水と石鹸で予洗いすることで、カメムシの分泌物の一部を事前に落としておきます。

これにより、消臭スプレーの成分が臭いの元となる分泌物により効率的に作用することができます。

直接吹きかけない

次に、スプレーを直接手に吹きかけるというよりも、少量を空中にスプレーして、そのミストを手に通すようにして臭いを中和させます。


どうしてもカメムシの臭いが気になって、直接手にスプレーするという場合は、表面だけでなく、指の間や爪の下など、臭いが残りやすい場所にもしっかりと吹き付けることがポイントです。

スプレーした後は、手を空気中で振って成分を揮発させ、臭いと一緒に飛ばしましょう。

数分間そのままにしておくと、消臭成分が臭いを吸収し、中和してくれます。

その後、再度手を洗い、乾燥させることで、消臭スプレーの効果を最大限に引き出すことができます。


この方法も一度の使用で完全に臭いが消えない場合は、この手順を繰り返すことが効果的です。

とはいったものの、消臭スプレーはあくまで一時的な対策であり、根本的な解決には適切な洗浄が必要ですので、使用後の手洗いは忘れずに行いましょう。

カメムシの手に付いた臭いの消し方はアロマオイルも有効!

食器用洗剤や消臭スプレーのような化学製品を使いたくない場合の代替手段としてなら、アロマオイルがあります。

自然の力を借りて – アロマオイルでカメムシの臭いを撃退

アロマオイルは、自然の香りを利用した心地よい方法で、カメムシの厄介な臭いを和らげるのに役立ちます。

まず、カメムシの臭いを中和するのに有効とされるアロマオイルを選びます。

ティーツリー、ラベンダー、ペパーミント、レモングラスなど、抗菌性や消臭効果が高いとされるエッセンシャルオイルがオススメ!

アロマオイルは非常に濃縮されているため、使用する際はキャリアオイル(スイートアーモンドオイルやホホバオイルなど)で希釈しましょう。

手についたカメムシの臭いを消すためには、数滴のアロマオイルを希釈した後、直接臭いが気になるところに塗布します。

オイルが肌に浸透するように、ソフトにマッサージしながら塗り込むと良いでしょう。アロマオイルの香りが空気中に広がり、不快な臭いを上手く覆います。

さらに、アロマオイルは、その香りでリラックス効果をもたらすため、臭いによるストレスも軽減されるでしょう。

アロマオイルは、効果が高い分、アレルギーのある人には刺激が強すぎることもあるので、普段から使っている人はこの方法は良いと思いますが、普段使ってない人は、まずは少量でバッジテストなどをやってから使うようにしましょう!

オイルを塗布した後は、可能であれば自然乾燥させます。

アロマオイルは揮発性が高く、時間が経つにつれて香りとともに臭いが消えていきます。

使用後は、手を洗って余分なオイルを落とし、必要に応じて保湿クリームで保湿しましょう。

自然由来の力で臭いを和らげるこの方法は、心地よい香りを手に纏うことで、カメムシの不快な記憶をなくすのにも役立ちます。

カメムシの臭いが手につかないように予防と対策

これまでにカメムシの臭いが手に付いた時の対処法をお伝えしてきました。

では、その前にカメムシの臭いがつかないような予防策はどういったことがいいのかということも考えてみました。

予防と対策 – これでカメムシと上手に付き合おう

実は、多くのカメムシは、他の小さな昆虫や農作物に害を及ぼす虫を捕食して、自然の中で害虫の数を調節する役割を果たしているのです。

特に、肉食性のカメムシは、農業害虫を食べることで農作物を守る自然の益虫として機能しています。

このカメムシの生態系に関する役割を考えると、カメムシを全て排除してしまうというのは考えにくいですよね。

だから私たち人間がうまくカメムシと共存していく方法を考えるのがベストだと思います。

カメムシが好む環境を取り除く

例えば、密集した植栽や、庭の落ち葉などを定期的に掃除することで、カメムシが隠れる場所をなくすことができます。

家の周りにはハーブ類を植える

ハーブの香りには虫を寄せ付けないという特性があります

特にラベンダーやミントはカメムシを遠ざけるのに効果的とされています。

窓やドアの隙間をしっかりと塞ぐ

家の中に入られないようにするために、網戸の穴やひび割れ、換気口なども点検し、修理や補強をすることで侵入を防ぐことができます。

洗濯物を取り込むときに注意

カメムシは日光浴をするのが好きなので、洗濯物を日に当たるように干していると、その洗濯物に付いてひなたぼっこをしてしまします。

ですので、秋から冬の初めにかけて、洗濯物を取り込むときは、カメムシが付いていないかを気を付けながら、洗濯物を軽くはたきながら取り込みましょう!


カメムシが家に入ってしまった場合

残念ながらもしも家の中で発見した時は、絶対に直接手で触れずに捕まえることが大切です。

トイレットペーパーを使って優しく包み、外に放すか、虫取り網などを使うと良いでしょう。

カメムシを潰してしまうと強烈な臭いが発生するため、なるべく刺激を与えないように注意しましょう。

そして、万が一臭いが発生した時は、既に述べた石鹸や消臭スプレー、アロマオイルを使用して、迅速に対処することが重要です。

こういった対策を習慣化し、カメムシと上手に付き合っていくことで、生活空間を快適に保つことができます。

まとめ

カメムシの手に付いた臭いの消し方は石鹸か消臭スプレーか?アロマオイルも有効について解説してきました。

自宅の隙間を塞ぎ、カメムシが侵入した際の優しい捕獲方法、そして臭いがついてしまった際の石鹸、消臭スプレー、アロマオイルを使用した洗浄方法まで、様々な角度から解決策です。

最重要事項は、こういった対策を継続的に行って、カメムシと上手に共生していくことです。

手についた臭いの対処法も簡単ですので、もしもの時には冷静に迅速に行動できるようにしておきましょう。

カメムシの手に付いた臭いの消し方は石鹸か消臭スプレーか?アロマオイルも有効の解説でした。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
スポンサーリンク
ABOUT ME
オハナ
オハナ
子育てカウンセラー            医療系転職コンサルタント
普段は犬と2人暮らしの在宅ワーカーです。趣味は旅行することと健康と美容に関すること。海外旅行も好きだけど最近は日本の良さ再発見して国内旅行にはまっています。
記事URLをコピーしました