エンタメ
PR

海のはじまり2話あらすじネタバレを解説!弥生衝撃の過去!

オハナ
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

海のはじまり2話あらすじネタバレ!弥生衝撃の過去!を解説します。

SnowManの目黒蓮さんが主演の月9ドラマ『海のはじまり』が2024年7月1日からスタートしています。

1話は主人公の大学時代の恋人が亡くなって、それをきっかけにその恋人が自分との間の子どもを産み育てていた、ということが判明しました。

ストーリーは衝撃的ですが、俳優陣の方がとても丁寧に優しく演技をされていて、全ての場面で涙を誘う第1話でした。

その二人の間の子供はとても純粋で、まっすぐな目で主人公を見て「夏くんのパパ、いつ始まるの?」と問いかけてきます。

これが大人であれば「あなた父親になるの?いつから父親になるの?」と問い詰めた感じになるのですが、純粋な子供だと違いますね。

2話は、夏の恋人弥生の衝撃の過去が明らかになりました!

弥生もまた心に傷を負っていたのです。

そして、夏も中絶をしたと思っていたことはずっと心の傷として残っていたのでした。

海のはじまり2話あらすじ

第2話 7月8日 放送

大学生時代の恋人・南雲水季(古川琴音)の葬儀で、水季の母・朱音(大竹しのぶ)から、海(泉谷星奈)が自分の娘だと知らされた月岡夏(目黒蓮)。そんな夏のアパートに、海が突然1人で訪ねて来た。驚く夏に、海は、「夏くんのパパ、いつ始まるの?」と質問する。その問いかけに上手く答えることが出来ない夏。とにかく海を家に帰さなければいけないと思った夏は、朱音に連絡をし、迎えに来てもらうことになる。

部屋の中を縦横無尽に飛び回る海を前に夏が戸惑っていると、恋人の百瀬弥生(有村架純)から電話が。しばらくしてアパートにやって来た弥生は、海を見て少し驚くが、お迎えが来るまでの間、遊び相手をしてあげることに。その後、朱音が海を連れて帰ったあとのアパートで、弥生は夏に海との関係を尋ねる。それに対し夏は、海が自分の娘であること、その事実を水季の葬儀で初めて知ったということを正直に告げた。その話を聞き、動揺を隠せない弥生に、海のことをちゃんと考えようと思うと答える夏だったが…。

公式サイトより

海のはじまり2話ネタバレ解説

「夏くんのパパ、いつはじまるの?」と海ちゃんの問いかけから始まった第二話。

夏は「わからない」としか答えられません。

海の祖母、朱音に連絡をして迎えに来てもらうことにした。

夏の部屋で無邪気に遊ぶ海。

しばらくすると、恋人の弥生がやってくる。

夏の部屋にいる幼い女の子に驚きながらも、理由は後で聞くと言って仲良く遊ぶ二人。

迎えに来た朱音が弥生の事を海を連れて帰っていった。

自分の子だと告白

「昨日の葬式の・・・」

「親戚の子?」

「親戚っていうか」

夏は自分の子どもという事を弥生に隠さず告白をする。

「ごめん」と謝る夏に

「妊娠を知らされずに別れたってことでしょ。しょうがない」

そう、夏は妊娠を知っていたことは言えないでいる。

「あの子の事ちゃんと考えようって」

「考えるって?父親になるかならないかってこと?認知するってこと?お母さんにはなんて言ってるの?」

「何も強要はされてない。ただこの七年の水季、あの子の母親のことを想像してほしいって」

「想像してみてどう思ったの?」

「想像しただけで分かった気になっちゃだめだと思ってる」

一方、朱音は自宅に戻り、水季の祭壇に、出来事の報告をすると思わず涙があふれてきた。

翌日

夏は出社すると、表情が暗かったからか会社の先輩に心配してもらう。

他にも。水季が働いていた図書館の同僚・津野は、海のことが気になって仕事に身が入らない様子。

母親が亡くなっても、元気に学校に通う海は、帰ってきたら、おやつの「鳩サブレ」を食べます。

朱音がママも大好きだったと伝えると、「夏くんも好きかな?」と海。

そして、夏くんに会ってはいけないわけではないが、一人で出かけてはいけないと海に説明をする。

朱音と夏のやり取り

朱音は近くの喫茶店に、夏を呼び出し、海が一人で行ってしまったことを詫びる。

そして弥生の存在を気にする。

夏は正直に恋人だという事と、海が自分の子どもだという事を伝えた、と話します。

そして本題へ

「どうします?」

「どうって・・・」

「海が会いたいって言ってて」

「何で・・・」

「何でですかね」

しばらくして海が祖父と喫茶店に来た時には夏はもういなかった。

仕事で忙しく帰ってしまったと伝える。

夏の弟

夏の両親は再婚同士で、弟は父の連れ子だった。

夏が自宅に戻ると弟の大和が家にいた。

大和に親が再婚する前のときの事を聞くと、

「兄ちゃんがお母さんと二人だったときと同じじゃない?この人までいなくなったら終わりみたいな」という感想。

夏は、その日の夜弥生の家に行き、正直に妊娠を知っていたことを告白。

弥生もさすがに理解できない様子。

妊娠したことを聞かされたが、おろすと言われており、葬儀に行くまで産んでいたことは知らなかったと正直に夏は話すと。

正直、ほっとした。生きててくれたんだなって」という。

今まで心のどこかに罪悪感を持っていたのでした。

弥生に正直に話したことでまた海にあう決心がつく夏。

弥生の衝撃の過去

夏の告白を聞き、かなりショックを受けたのには、弥生に衝撃の過去があったのでした。

弥生は過去の自分の思いを馳せます。

回想シーンで、元カレとの子供を妊娠し、中絶するための同意書を見ている弥生

弥生は過去に中絶手術を受けていたのです。

そして、弥生はある場所に向かい扉を開くとそこには位牌があり手を合わせていました。

きっとおろした子供だったのだのでしょう。

弥生も心にずっと傷を抱えていたのでした。

そしてその帰りに弥生はある決心をし、夏に伝えます。

「もし月岡君がお父さんやるってなったら、私がお母さんやれたりするのかな。決めるのは海ちゃんだけど選択肢の中に考えてみて」

朱音を訪ねる夏

夏は、海に会いに朱音の家に行きます。

海はまだおらず、朱音が一人で出迎えてくれます。

手土産は鳩サブレー。

それを見て朱音に笑みがこぼれます。

「買い足そうとしてたからちょうどいいわ」

そして、どうして鳩サブレにしたのかを夏に聞きます。

「水季がすきだったから」

そして、大学時代に二人で食べた鳩サブレの事を思い出します。

夏の回想では

大学の頃授業中に、水季はこっそり鳩サブレを食べている。

「食べる?」と夏に鳩サブレーを三つ差しだし、水季はどれがいいか選んでと言う。

「誰かのお土産?」と聞く夏に「自分で食べたくて買った」と答える水季。

「自分で買うお菓子じゃ無くない?」

「えっ、買わないの?」

朱音は、海と一緒に鳩サブレを食べてやってほしいと夏に話します。

時を同じくして、津野が朱音の家を訪ねてきます。

朱音に電話をするもなかなか話ができないからでしょうか。

でも部屋の中から夏の声がすることに気が付き、声をかけずに海の本を置いて帰っていきます。

家の中では、朱音が夏に向かって、生前の水季の意思を伝えます。

「水季から海の事でこれだけは絶対と言われたことがある。海に選ばせてあげて。正解を教えるより自分の意思で選ぶことを大事にさせてあげてと」

水季が言いそうだと夏も優しい表情でいると、海が祖父と一緒に家に帰ってきます。

海は、夏がいるのを見つけると、何も言わずに走って来て、膝の上に乗り抱き着きます。

「ただいま」

「うん、おかえり」

「今日、学校で色々あった。聞いて?」

「うん、何があったの?」

「手洗いうがいしてくる」

海はそう言って走っていきますが、また戻ってきてこう言います。

「いてね。そこにいてね!!」

第二話は、普通の父と娘のような会話で終わりました。

海のはじまり2話まとめ

海のはじまり2話あらすじネタバレを解説します。

第二話は、恋人弥生の衝撃の過去が明らかになりました!

これからどうなるのでしょう??

SnowManの目黒蓮さんが主演の月9ドラマ『海のはじまり』、これからの展開が読めなくて毎週が待ち遠しいです!!

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
オハナ
オハナ
子育てカウンセラー            医療系転職コンサルタント
普段は犬と2人暮らしの在宅ワーカーです。趣味は旅行することと健康と美容に関すること。海外旅行も好きだけど最近は日本の良さ再発見して国内旅行にはまっています。
記事URLをコピーしました