家のこと
PR

ラミーとバッカスはどっちが美味しい?二つの違いやなぜ冬限定なのかも解説!

オハナ
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

冬になると店頭に並ぶラミーとバッカスは、洋酒系のチョコレートですが、どちらが美味しいのでしょう?

この二つの違いや口コミを見て、どちらが人気なのかを調べてみました。

あなたはどっちが好きですか?

Aさん
Aさん

私はそもそもラムレーズンが大好きなのでラミー派💓

Bさん
Bさん

私はあの洋酒がしっかり感じられるバッカスが好き!

などと、それぞれ好みが分かれてしましますね。

さて、ラミーとバッカスはどちらが美味しいと思われているのでしょうか?

口コミサイトなどを見て、客観的に判断してみたいと思います。

ラミーとバッカスはどっちが美味しい?二つの違いは?

ラミーとバッカスは発売されて50年以上経つ、超ロングセラー商品です。

冬にしか発売されないのですが、だれでもあの緑と赤のパッケージのチョコを見たことあるのではないでしょうか?

根強い人気があるのでしょうか、発売になるとスーパーなどではレジ横に並べられているのをよく見かけます。

ラミーとバッカスが売り場に出ると冬を感じます♪

ラミー派VSバッカス派

チョコ好きの友達と話題になると、「あなたはどっち派」で盛り上がってしまいます。

あと、洋酒系のチョコレートが全くダメっていう人もいますよね。

私は子供の時は全くダメだったのに、今ではどちらも大好きです。

どちらかというと、ほんとにどちらかに決めないといけないのなら、ラミーかな💓って感じですね。

ラミーの特徴

ラミーは、ミルクチョコレートの中に、ラムレーズンと生チョコを入れたものです。

生チョコの中にラムレーズンを混ぜ込んでいて、それをミルクチョコレートで包んでいるのです。

そして、その生チョコの中にもラムが入っているらしく、食べると口の中にラム酒の香りがフワッと広がるのです。

アルコール分は3.7%と結構高く、これはきっとお酒がダメな人はこれで酔ってしまうのではないかと思います。

注意書きで運転時などはご遠慮くださいとはっきり書かれています。

昔は一枚の板チョコサイズだったのですが、最近は小さいサイズで1本ずつパッケージ化されたものが、箱の中に3本入っているので、とっても食べやすくなりましたね!

またそれよりももっと食べやすいひとくちラミーを発見!!

ほんとに一口サイズで、これならバックに忍ばせて置くのにピッタリ♪

コンビニに売っていたので、気になる人はぜひチェックしてみてください♪

ひとくちラミー

バッカスの商品情報

バッカスはミルクチョコレートの中に液体のブランデーを閉じ込めているチョコレートです。

ブランデーの中でもコニャックという白ブドウを原料とした薫り高い物をブレンドしているようです。

こちらはラミーよりは少しアルコール分が低く、3.2%ということですが、やはり運転時などはご遠慮くださいの一文が入っています。

バッカスは一口サイズのチョコの中に液体が入っているのですが、この液体をチョコレートに閉じ込めるのに、すごい技術を使っているというのを聞いたことがあります。

世間一般にあるウィスキーボンボンの中には、この液体を閉じ込めるために、いったん砂糖のドームの中にウィスキーを入れて、それをチョコで包むっていうものがおおいんですよね。

そうすると食べる時にお砂糖のジャリジャリした口触りが残ってしまうので、それが苦手という人も少なくありません。

でもバッカスはチョコレートに直接液体を入れているので、滑らかな口当たりで、最後まで食べることができるのですが、この技術がなかなか大変なものということでした。

ラミーとバッカス冬季限定の理由は?

冬の景色

ラミーとバッカスは冬季限定で、夏の間は販売されていません。

今年は10月10日からの販売でしたが、なぜこのチョコレートは冬季限定なのでしょう?

冬季限定にしている2つの理由

このロングセラーの商品が冬季限定なのには理由が二つあるそうです。

一つ目は、二つともラミーのラムレーズンはお酒をかなり含んでいるのですが、気温が高いと気化してしまって風味が損なわれてしまうかだらそうです。

これはバッカスもおなじように熱には弱いとされているそうです。

ですので、美味しい状態でお届けするために、冬季限定にしているそうです。

二つ目の理由は、冬だからこそのチョコレートのおいしさを味わってほしいからだそうです。

ラミーに使っている生チョコ、、、夏には食べたい!!ってあまり思わないですよね!

そういった「美味しいままお届けしたい!」という理由から、ラミーとバッカスはどちらも冬季限定となっているようです。

ラミーとバッカス結局どっちが美味しいの?

ラミーとバッカス

ラミーとバッカスは、どちらが美味しいのでしょう?

Xでは冬になるとこの話題が上がってきますよ!

ラミーとバッカス口コミは?

毎年新しいシリーズもあるので、その分のポストを見るとすごい数になってしまいますが、今回はラミーとバッカスだけで、どちらを支持しているか、見ていきますね!

この方はバッカス派と言っていますね~🌟🌟

なんとこちらもまたバッカスに1票!

こちらの方はラミーに1票!なのでしょうね~💓

この方は家族でラミーとバッカス、、、よく読んでたら二人ともバッカス派なの??


こんな感じでXではラミー&バッカスのポストがどんどん出てきます。

気になる方はXも除いてみてください。

軍配はどっちに?

今見ただけだと、Xではバッカスに軍配があがっているのですが、なんと!パッケージには、ラミーの方が売り上げが多い!と表記されています!

  • ラミーは洋酒チョコレート市場売り上げ1位!
  • バッカスは洋酒チョコレート市場売り上げ2位!

そうだったのか!とびっくりです。

でも今回Xでバッカスが多かったのはまだシーズンが始まったばかりかもしれませんし、、売り上げに関しては超微妙な差!かもしれませんね💦

そしてXのポストはどれも、「〇〇が好き!」というように書いてありますね。

どちらが美味しいというのは個人の好みもあるので、ほんとに難しい問題なのかもしれません。

まとめ

今回はラミーとバッカスの、どちらが美味しいのかを二つの違いを調べることで考えてみました。

また冬季限定で販売されている理由も、ファンの人においしさを届けるためと知って、軽く感動してしまいましたよ。

どちらも美味しいけど、好みがあるので好きな方を楽しみたいですね。

また、毎年このシリーズはその年だけの新しいタイプのものも発売されるようです。

2023年はオレンジピールが入ったものと、ティーロワイヤルと聞いています。

こちらも楽しみですね!

皆さんもラミーとバッカス、どちらのおいしさも十分味わって、この冬のチョコのおいしさを堪能してください。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
スポンサーリンク
ABOUT ME
オハナ
オハナ
子育てカウンセラー            医療系転職コンサルタント
普段は犬と2人暮らしの在宅ワーカーです。趣味は旅行することと健康と美容に関すること。海外旅行も好きだけど最近は日本の良さ再発見して国内旅行にはまっています。
記事URLをコピーしました