エンタメ
PR

ゆりやんレトリィバァの実家は奈良県のどこ?本名や両親ついて兄弟はいるのかを調査!

オハナ
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

ゆりやんレトリィバァの実家は奈良県のどこ?本名や両親ついて兄弟はいるのかを調査しました!

ゆりやんレトリィバァさんは吉本興業所属の芸人さんです。

第1回女芸人No.1決定戦 「THE W」で優勝して、衝撃的だったのが記憶にあります。

女性芸人の中でもかなりの実力派!

海外進出もされて、その時に流ちょうな英語を話されていたので、凄く賢い人なんだな~と思います。

ピン芸人というのもあって、ほかにはない芸風ですが、芸術に通じるとこもあって、天才肌なのかもしれないですね!

そんなゆりあんの育った環境はどんな感じなのでしょう?気になります。

今回はゆりあんレトリィバァの実家は奈良県のどこ?本名や両親ついて兄弟はいるのかを調査しました!

>>>ゆりやん主演「極悪女王」のあらすじネタバレ

ゆりやんレトリィバァの実家奈良県

ゆりやんの実家は奈良県吉野郡吉野町国栖

ゆりあんレトリィバァは、芸能人の中でも数少ない家族を公開している方です。

ご家族もテレビに出演したこともあり、まったく隠すようなことがありません。

ご実家は奈良県吉野郡吉野町国栖にあります。

読みが難しいですよね!

「よしのまちくず」と読みます。

吉野郡吉野町国栖とはどんなところ?

「くず」というから、漢字は違うけど吉野葛と何か関係があるのかと思って調べてみましたが、全く関係なかったです。

桜の名所、吉野山から車で20分ほどの場所になります。

吉野手漉き和紙や高級吉野割箸など、モノづくりの里という地域なんですよ。

あのゆりやんレトリィバァさんは、そんな自然がたくさんのところで育ったようです。

現在の海外すステージに立つ姿や、テレビの華やかな世界にいる人のイメージではないのですが、その自然の中で育ったことで感性豊かになったのだろうと思います。

ゆりやんレトリィバァの本名は?

ゆりやんの本名は?

ゆりやんの本名は「吉田 有里」さんです。

なんだか名前を聞くと清楚なお嬢さん!ってイメージなのは私だけでしょうか?

芸名の「ゆりやんレトリィバァ」の由来は、高校生の時に友達から呼ばれていた「ゆりやん」と、NSC時代に流行っていた犬種、「ゴールデンレトリィバァ」を合わせて「ゆりやんレトリィバァ」になったそうです。

ゆりやんレトリィバァの家族について

ゆりやんの家族は

ゆりやんさんは、ご家族のことを公開しています。

ご家族仲もよいようで、お父様もお母様も本名を出してテレビなど出演されていました。

ゆりやんレトリィバァの両親は

お父様の名前は「吉田 昌行」さん

お父様は元々は近鉄の職員さんだったのですが、2005年に脱サラをして「エッチング幸房・ソレイユ」を経営しています。

こちらの「ソレイユ」さんではレーザー&サンドブラスト彫刻で素材にオリジナルの文字やイラストを入れていくお仕事をされています。

お母様の名前は「吉田 晃子」さん

お母様の情報は特にあるわけではありませんでしたが、ネットで拝見するお顔はゆりやんさんそっくりでしたよ!

ゆりやんレトリィバァの姉

ゆりやんさんには2つ年上のお姉さまがいらっしゃいます。

名前は「吉田 有希」さんです。

教師をされているそうです。

なんの科目かまでは情報がなかったのですが、ゆりやんさんとは仲がよいみたいで、悩みがあるときはゆりやんさんがお姉さんに電話して話を聞いてもらうということでした。

まとめ

今回はゆりやんレトリィバァの実家は奈良県のどこ?本名や両親ついて兄弟はいるのかを調査しました!

ゆりあんレトリィバァさんは、実力派の女芸人さんです。

出身は奈良県の吉野郡吉野町国栖出身でした。

その国栖にはお父様の経営する「エッチング幸房・ソレイユ」があります。

お父様もエッチングをいろいろな素材にオリジナルの文字やイラストデザインを施していく職人さです。

形は違えど職人肌というのは共通するような気がしました。

お母様、2歳上のお姉様との4人家族で、ご家族は今もとても仲が良さそうです。

ゆりやんさんの活躍をいつも奈良から応援しているのでしょう!

今回はゆりやんレトリィバァの実家は奈良県のどこ?本名や両親ついて兄弟はいるのかを調査しました!

>>>ゆりやんレトリィバァの結婚は?

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
スポンサーリンク
ABOUT ME
オハナ
オハナ
子育てカウンセラー            医療系転職コンサルタント
普段は犬と2人暮らしの在宅ワーカーです。趣味は旅行することと健康と美容に関すること。海外旅行も好きだけど最近は日本の良さ再発見して国内旅行にはまっています。
記事URLをコピーしました